スタッフブログ

不燃材料認定へ道

2018/06/07(木) 仕事のこと

6月7日水曜日  みなさん こんばんは!壁屋女子の大西伶奈です。
大阪で自然素材の塗り壁材 深呼吸 のメーカー・販売施工をしております株式会社 笑緒一(わっしょい)です。

弊社の塗り壁材 深呼吸!国土交通省が認可する不燃物材料の取得にむけ今年の初めから一般財団法人 日本建築総合試験所さんに何度も足を運ばせて頂き色々な準備をしてきました。最初は書類の審査からスタートです。成分や成分の割合はもちろんの事、試験は何mmの塗り厚で行うか?その塗り厚に対しての質量計算や乾燥時の材料計算など全て書類に記載またどのような試験体で不燃物認可の試験を行いたいのかなどを記載!作成するのに約1ヶ月ほどかかりようやく書類審査の合格が頂けました。そして4月にようやく試験がスタート!試験は2名の試験官が立ち合い指定されたボードに指定に沿って壁材を塗るところからでした。ただボードに材料を塗るだけではありません。事前に提出している書類と照らし合わせながらの試験でした。塗り厚や塗った後の質量などを測定されるのです。その質量が合わないとその時点で試験は不合格となり試験は終了なんです。試験が終了すればそれまでにかかった費用が全て無駄になるので絶対に失敗は許されませんでした。塗りの試験はなんとか合格をする事ができました。そして1週間後に再び試験センターへ!乾燥した材料の厚みと重さの計測でした。試験管の方と一緒に提出資料の数値と一致するか計測をさせて頂きました。嬉し~無事に2度目の試験も合格ですした。そして先日ようやく防火の実験です!防火材料実験室にて試験が行われました。

実験室に入ればもちろん見たことのないこのような機械が!こちらの機械で防火の実験が行われるのです。

自分でボードに塗り乾燥した深呼吸がこのような機材に3セット用意され防火試験が行われます。セットされた深呼吸を見て私は『頑張るんやで我が子よ』と声をかけましたよ!実験で壁材が燃えれば・・・試験は不合格なんです。どうなるのか不安で不安で!

 2人の試験官により実験がはじまりました。女性の試験官が深呼吸を機械に設置し20分間炎をあて続けます。

 

870℃の炎が深呼吸にあてられてます。どのような変化が起こるのか全てパソコンの画面に映し出されているのです。私はただひたすら祈るだけでした。『燃えないでね深呼吸!頑張ってね深呼吸!』と!

そして20分間の試験が終了しました。試験官が機械から深呼吸を取り外し私に見せてくれた深呼吸がこちらです。私は試験官に『どうなんですかこの状況は?』と尋ねると・・・『全く問題ございませんよ!これなら合格です!』と言うお言葉を頂きました。そして残り2ツの深呼吸も全く同じ状況でした。深呼吸よく頑張ってくれました。お疲れ様深呼吸!そして試験官が私にこのような事を言ってくださいました『次は6月の中頃に行われる審査委員会でこの結果を報告します』とそれが終われ
ば国土交通省に書類を提出し10月中に不燃材料の認可を頂けるそうです。楽しみでしかたありません。

認可がおりるまでまだまだ長い道のりですが最後まで気を抜かずにやりきりたいと思います。本当毎日にいい勉強をさせて頂いております。楽しくてしかたありません。

明日も朝が早いのでそろそろおやすみしたいと思います。今日も1日ありがとうございました。
一緒に笑顔に!笑緒一!


 

笑緒一の公式SNSです。みなさんよろしくお願いします

 

↑友達追加はこちらをクリック↑

 

 

 ↑インスタグラムはこちらをクリック↑

 

↑フェイスブックはこちらをクリック↑

 

↑ピンタレストはこちらをクリック↑ 

 

↑お問い合わせはこちらをクリック↑ 

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ