国土交通省認定の不燃材料として認められました

 国土交通省による「不燃性能試験方法」に従って発熱性試験にて実施。3回の実験を行い、統計を元に認定されました。

深呼吸不燃材料認定書

認定番号:NM-4803

 

3回の発熱速度及び総発熱量実験により下記の結果が反映されました

不燃材料試験 1回目

加熱開始後20分間の総発熱量が8MJ/㎡以下であった

 

不燃材料認定試験 2回目

加熱開始後20分間、防火上有害な裏面まで貫通する亀裂及ぼ穴がなかった

 

不燃認定試験 3回目

加熱開始後20分間、最高発熱速度が10秒以上継続して200KW/㎡を超えなかった

   

 

■防火性能について

防火材料とは不燃、準不燃、難燃の性能区分に応じて国土交通大臣が定めた材料または認定された材料です。
その性能は建築基準法施行令の技術的基準で定められています。
建築材料に通常の火災による火熱が加えられた場合に以下の要点を満たしていることとする。

1. 燃焼しないもとであること

2. 防火上有害な変型、溶融、亀裂その他の損傷を生じないものであること

3. 避難上有害な煙またはガスを発生しないものであること。

壁紙の防火性能は下地基材と施工方法との組合わせによって認定されたものです。

 


その他、深呼吸の性能はコチラ

ホルムアルデヒド

 

調湿性能試験

 

酸性白土

 

珪藻頁岩

ページトップへ